ホワイトニングとは

インプラント

ホワイトニングとは歯を薬剤によって漂白することによってより美しく見せる歯科治療法のひとつであり、近年広く一般に浸透しているインプラントや矯正歯科などと並んで人気を博している審美歯科の分野のひとつです。
歯医者で行われるホワイトニングをオフィスホワイトニングと言われ、高濃度の薬剤を使用し、さらにレーザーなどを当てて薬剤の効果を高めるため短期間で歯を白くすることが可能です。
費用は歯1本につき2000円から1万円と歯医者によって料金が異なり、また通院回数も個々の歯医者で異なるため、納得のゆく歯医者選びが重要になってきます。

最近では優れたホワイトニングの薬剤が開発され、レーザーを照射しなくてもそれと同等の効果が得られるものが出現しました。
レーザー照射は時に痛みを伴ったり、歯を高温状態にすることから歯のクールダウン期間を設けなければならず治療が思うように進められないというデメリットがありましたが、この新薬の開発によって、よりストレスフリーにホワイトニング治療を受けることが可能になりました。
ホワイトニングが天然の歯を白く美しく見せるということであるならば、インプラントは人工的な技術をもって白く美しい歯や歯並びを手に入れることができる歯科医療界でも最先端の治療法でしょう。
インプラントは欠損した歯の歯茎部分の顎の骨に手術で穴を開け、そこに人工歯根を埋め込んで接着後歯冠部を歯根に装着することによって天然の歯と同じ機能を得ることが期待できる治療法です。
インプラントはプラークやステインが付きにくいため、白く美しい歯を長期間にわたって維持することができます。

歯医者で行われる保険適用の治療では歯を虫歯やその他要因で失ってしまった場合は最低限の治療しか受けられず義歯の強度なども十分に確保されていないということが多々あります。
また保険適用にて行なう治療は健康のための治療が重視されるため審美目的での治療を行なうということができません。
そんな保険治療では納得出来ない方のためにあるのがホワイトニングやインプラントなどの自由診療です。
自由に患者の思い通りに治療ができますので歯の強度を十分に確保したり歯の美しさを高める治療を行えるのがこの方法の利点です。
中でもインプラント治療にいたっては保険診療ならば総入れ歯やブリッジに差し歯などにしなければならない症例でも本物の歯と同じ強度の歯根と歯を取り戻すことができるので生活の質を向上させることができます。

インプラントの場合は歯槽骨が残っていればできる治療なので歯槽膿漏で歯をすべて欠損してしまった方でも治療の可能性が残されているのが魅力です。
またホワイトニングでは歯の白さを向上させ歯の美容を重点的に高めていく治療を行いますから笑顔に自信をもつことができます。
ホワイトニングは痛みもなく塗り薬だけで行える治療ですからこれまでなかなか歯医者に行く機会が無かった方でも気軽に受けられます。
歯医者のインプラント治療やホワイトニングの技術は日々向上しており各地でさまざまな技術を持った歯医者が自由診療を行っていますからインプラントやホワイトニングに興味があるかたは是非参考にしてください。

ホワイトニングの概要

歯の一部

ホワイトニングは歯磨きなどで落としきれない歯の着色を白くすることを指します。
歯の表面を傷つけることないというメリットがあります。
以前は歯を削りセラミックをかぶせることでしか白くすることはできませんでしたが、このホワイトニングでは自分の歯を残して白くすることができ、画期的な方法と言えます。
他にも健康的な歯を全く削ることがない方法として、他にインプラントがあります。
インプラントは失ってしまった歯の代わりに歯医者さんがチタン製の人口歯根を顎の骨に埋め、その上に人口の歯を装着する方法です。
インプラントは固定制なので、元々あった歯のようにしっかり噛むことができます。
インプラント本体は外科手術によって埋め込まれます。

ホワイトニングと聞くと、歯医者さんに何度も通って見て貰うイメージがありますが、他にも自宅で行うことができるホームホワイトニングがあります。
自宅で行う場合、最初は歯医者さんに見て貰い、オーダーメイドのマウスピースの型どりと薬剤を処方して貰えれば、自宅でも可能です。
以降は歯医者さんに何度も通院しなくても自宅で簡単にホワイトニングができます。
このホワイトニングの起源はアメリカで、1989年に実用化された技術です。
日本では馴染みが薄く感じますが、アメリカでは100年以上前から研究が行われており、今ではドラッグストアや百貨店などでも薬剤が取り扱われるほど生活に浸透しています。
そのため、安全性に懸念がある人でも安心して受けることができます。
しかし、効果には個人差があり、また、定期的なお手入れが必要となります。